スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇の毒

2007.12.21 *Fri
烙ちゃんからの頂き物PART………幾つだろう?今回はギン×ルキアです!本人さんは最初は上げる事に抵抗してましたが、「好きにして」と最後に言っていたような記憶があるので上げちゃいます。烙ちゃん、貴女の文が下手な訳無いでしょ!今後も楽しみにしてます♪(私信)
不思議がられたりするんですけど、ギンルキ好きです。烙ちゃんは日番谷君が好きです。
幾つか他に掲載許可貰っているものがあるので、折を見てアップしていきますね。
ではでは、烙ちゃんの作品をお楽しみ下さいませ♪





靴の音が響く、真珠の白さを湛えた宮殿、虚夜宮。広大かつ幻想に満ちたそこは、今や何名かの侵入者を招き寄せてしまっていた。
とはいえ、番人のように、ここには数多もの破面が配置されている。今更、新参者のギンが出向くまでもなかった。
彼は一人宮殿の外に比較的近い場所へ向かっていた。それを知る者はいない。否、もしかしたら藍染くらいは知っているのかもしれない。何せここの主は彼なのだから。何れにしても、ギンにはあまり関係のないことであった。
開けた空間、窓の向こうに、擬似である大空を控えたその部屋に、ギンの用事がいた。
「あァ――やっぱ、此処やってんねぇ」
常に口元に浮かぶ笑みを深くして、ギンは歩を進めた。
彼の視線の先には一人の少女。解放されていない斬魄刀を握り締めながら、しかしその小さな身体は血の海に沈んでいる。
「来て…しもうたんね。―――ルキアちゃん」
かがみこんで覗いて見るも、完全に意識を失っているらしく、返答はない。ただ、少しずつ薄くなっていく微かな呼吸だけがきこえている。
わかっていた。あの娘――井上織姫を迎えた時から、彼女を助けに現世の数人が来るだろうことを。そして、その際ルキアとその幼馴染が合流することも。
「こんなになるまで闘おうて――女の子は身体大事にせなアカンよ? ルキアちゃん、嫁入り前なんやから」
おどけた様に口から言葉が紡がれる。聞く人はいない。
ギンは口端を吊り上げた。今のところギンの予想通りの進み方だが、これから彼等はどんなことで己れを楽しませてくれるだろうか。
そう、ギンが藍染についたのも、全てはこの世界をより楽しむためだ。
そのための重要な、要の玩具(おもちゃ)が、ルキアだった。仔猫が威嚇するのに爪を立てるのと同様に、牙を剥き噛みつきたいのを懸命に堪えているその様が非常に愉快だ。
ルキアも、その他この世に生きる人は皆、彼の前で演劇を披露する役者(にんぎょう)だ。喜劇であろうと、悲劇であろうと、面白ければそれでいい。
他人に、特に正義を重んじる同胞――当面、という枕詞をつけねばならない――に言わせれば、狂っているのだろう。ギンは他者が己れに向ける視線の意味に気付いていたが、無視していた。それも彼の興味に起因する。
それを拒まなかったのは、一人の女性だけ。
彼女をも捨ててギンはここにいる。
もっと愉しい、演劇を観るがために。
「ねェルキアちゃん。こないなトコで死んだらアカンよ? まだまだ、愉しませてもらわな」
ギンはちらりと周囲を見回し、口元の三日月を歪めた。一人喋りながら触っていたルキアの髪から手を離す。
どうやら、招かれざる客人が来たようだ。一名、確実にこちらに向かっている。
一方的で短時間の逢瀬は終了した。
ルキアの身体に残った霊圧の残滓を、あの男は正確に読み取ることだろう。そして警戒を抱くに違いない。
当然、そうでなければ面白くない。
妹を選んだ彼がどんな巻物を魅せてくれるか――ギンは心底愉快そうに低く嗤った。
「じゃあねルキアちゃん。次はもっと、君が強うなってから遭お」
耳元から蛇の毒を垂らして、ギンは踵を返した。
全て総て、凍らせても構わないから。
そしたらまた、猛毒で融かしてあげるから。


それから、私自身は少々精神的余裕が無くなって来たので、おそらく春までは日記のみ更新になると思います。ネタは逐一メモしてるんですが、やっぱり一つ一つの作品は大事に時間を掛けて書きたいじゃないですか。不器用さんなので、時間分割をしながら書く事に限界を感じまして。だからといって勉強時間を充てられる程の頭の良さも自信も情熱もありません。…まぁ、何か無意味に色々書いちゃいましたが、もし希有な方がいらっしゃれば春までお待ち下さいませ、という事です!
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

FC2カウンター



最近の記事



プロフィール

雪祈

Author:雪祈
基本的にマイペース。時々更新停止して失踪しますが、ちゃんと生きています。やっぱりふわふわなものが好きです。猫になりたい今日この頃。にゃ。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



music



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © DIARY All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。