スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャグSS

2007.12.15 *Sat
29巻だったかな…何巻かは忘れちゃったんですけど、BLEACHの単行本の巻末オマケ漫画にルキアちゃんと同じステキなセンスの兄様が居ました。朽木家の美的感覚はどうなってんの!
結論。緋真の独創的な絵の才能に兄様感動→多大な影響を遺して緋真逝去→緋真と同じ血故か同じ美的センスのルキアが妹に→私のセンスを認めて下さるのは兄様だけです。
んで、蒼牙君とのお喋りで出て来たネタを早速小説に(笑)緋真さんにお友達が欲しかったので、学生さんな乱菊さんにご登場願いました。時間軸?何それ、美味しいのー?





「おかえりなさい、白哉様」
一日の仕事を終えて帰宅した男の耳に優しい女の声が入る。既に眠っているだろうと予測していた為、思わず彼は目を見開き其方へと視線を向けた。
「緋真、起きていたのか」
1つの灯火だけに照らされた室内は優しい橙色。並んで敷かれた布団の片方に座る、白い花のように可憐な少女。はい、と頷き微笑む彼女の表情につられたように白哉の口元が綻んだ。
「どうしても、白哉様にお見せしたい物があったのです」
「…見せたいもの?」
えぇ、と返事をしながら緋真は徐に立ち上がり、何やら部屋の隅に置かれた箱をゴソゴソと漁り始める。何事だろうかと考え込みながら楽な体勢で腰掛けた男の傍へと、何かを抱き締めて彼女は駆け寄る。
「これなのです」
広げられたものはパステルブルーの布だった。勿論ただの布切れではない。布のあちこちには愛らしい(ように白哉には見える)クマがあしらわれている。
「…寝間着、か?」
「はい、パジャマです。乱菊さんが現世へ行くと言っていたのでついでにお願いして…」
聞き慣れぬ名前に微かに男の眉が顰められる。確か以前緋真が散策中に貧血を起こした時に救出してくれた霊術院の学生だったか。考えを巡らせながら、キラキラと瞳を輝かせながらパジャマを差し出す愛しい妻と、自分が着るにはあまりに不似合いなパステルブルーのそれを見比べる。
悩む夫の姿を目にして、やはり嫌なのだろうかと緋真の瞳が悲しげに伏せられた。愛を持っての結婚の場合、大抵の夫は妻のこういう顔に弱いものである。この男もまた然り。揺れ動く心のままに言葉を返す前に、緋真はもう1つ手にしていた物をバッと広げた。
「私は、ピンクのウサギさんで…!」
「…判った、着よう」
恥より愛だ。夫婦の寝室に入って来るような不躾な輩も居ないだろう、と着る事に同意した白哉の言葉に緋真は嬉しそうに笑った。
普段は数年前に捨ててしまった妹への罪悪感故か、なかなか心からの笑みを見せない緋真。その笑顔を守る為なら何だってしてやろう。
にこにことする妻の柔らかな髪を一撫でして、男はパステルブルーのクマさんパジャマを着るべく彼女に背を向けた。





こんなん書いてますが、私は兄様好きです。緋真さんはもっと好きー♪ルキアちゃんは大好きー!私的にBLEACHの中で三強です。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

FC2カウンター



最近の記事



プロフィール

雪祈

Author:雪祈
基本的にマイペース。時々更新停止して失踪しますが、ちゃんと生きています。やっぱりふわふわなものが好きです。猫になりたい今日この頃。にゃ。



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



music



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © DIARY All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。